iCloudでiOS4.3.3(MobileMeメールとみせかけてLion Server)

  • 2011.11.13 Sunday
  • 08:51
まあ、根本的に間違ってるのはご容赦。
iOS4.3.3のままiCloudに移行しても、MobileMeメールの設定自体は前記事のようにできますが、プッシュ通知がこなくなります。単なるIMAPメールサーバアクセスになるんで当然といえば当然。まもなくiOS5に屈するとは思いますが、老化防止の頭の体操・記憶たぐりを兼ねて。
メールの着信をプッシュ通知させる方法としては、
  • 汎用通知用のBoxcar等やメール着信に特化したPushMail等のアプリを使う
  • 提供サーバで監視して通知するPolar Bear Farm等のサービスを使う
  • 自サーバで監視させて通知させるIMAProwl等の環境を作る
など様々あります。いずれも通知を受けるアプリは必要ですし、IMAProwl等を除けばメール等はいったん用意されたサーバへ転送する必要があるんですけどね。
実はどれも試した事があるんですが、最近はどれもご無沙汰です。サーバ移行の際に環境移行もしてないし。
久々にこの手をググったら、au版iPhone4Sの方々に需要があるみたい。なるほどね。通知アプリでやろうと思ったのですが、転送経路・設定を考えてたら、Lion Serverにおけるメール転送をメモってないことに気が付きました。
で、メモしておきたかったコト。
Lion Serverは1アカウントに対して複数メアドを割り当てられます。「ワークグループマネージャ」の「情報」タブの「メール」欄に当該アカウントで受け取りたいメアドを設定するだけ。aliasってことですかね。これは転送ではないですが。
メール転送は、Reopard Serverには転送設定の項目があったのですが、Lion Serverでは無くなっています。どうするかというと、該当アカウントにホームディレクトリを作り、.forwardを作成するという、Unix的方法で。

iOS4.3.3でiCloud。ついでにiCalも

  • 2011.11.09 Wednesday
  • 09:17
MobileMeからiCloudに移行しました。
とはいえ、iPhoneやiPadはiOS4.3.3、一部MacはOSX 10.6.8のまま。事前にざっくり調べたつもりでしたが、ちょっとひっかかったのでやや整理。これが正解って訳じゃないです。
参考にしたのはこちらこちら

1.まずは連絡先を作成して情報収集

 (1)設定
    ー>メール/連絡先/カレンダー
    ー>アカウントを追加
    ー>その他
    ー>連絡先:CardDAVアカウントを追加

 (2)登録内容
     サーバ  :contacts.icloud.com
     ユーザ名 :xxxx@me.com
     パスワード:xxxxxxxx
     説明   :iCloudとかなんとか

2.連絡先のサーバ欄が、p0n-contacts.icloud.comに変わるまでしばし待つ
  ・nは人によって違います。
  ・一度設定から抜けたり、いったりきたり。

※p0nが判明すれば、あと少し。

3.カレンダー

 (1)連絡先と同じように進み、
    ー>カレンダー:CalDAVアカウントを追加

 (2)登録内容
     サーバ  :p0n-caldav.icloud.com
     ユーザ名 :xxxx@me.com
     パスワード:xxxxxxxx
     説明   :iCloudとかなんとか

 (3)なんかエラーが出ますが、「詳細設定」が出現すればおけ。
     SSLを使用:オン
     ポート  :443

  ※SSL認証情報(サーバ)が複数あった場合、ポート番号が8443のデータは消します。

4.メール

 (1)連絡先と同じように進む

 (2)登録内容
     名前   :名前
     アドレス :xxxx@me.com
     説明   :iCloudとかなんとか

 (3)受信メールサーバ
     ホスト名 :p0n-imap.mail.me.com
     ユーザ名 :xxxx@me.com
     パスワード:xxxxxxxx

 (4)送信メールサーバ
     SMTP  :smtp.me.com
     ユーザ名 :xxxx@me.com
     パスワード:xxxxxxxx

 (5)SSLを使用は「オン」
    カレンダーと同様、SSL認証情報(サーバ)が複数あった場合は
    ポート番号が8443のデータを消します。

5.iCal(手抜き)

   基本カレンダーと一緒でCalDAVアカウントを追加します。
   SSL認証情報が複数表示されたら、いらんもの(ポート:8443)を消すのがミソ。

※要はp0nを確認して各サーバを設定し、認証情報で不要なものを削除あるいは選ばない。

荷物が届いた(少し前)

  • 2011.04.25 Monday
  • 22:58
実はもう開封しちゃってあるモノです。
配達時に関税とか取られたの初めてでした。IDEOSを某所で入手した時は、FedExから後で請求されたことはあったけど、今回は届いたその場で取られたし、書類もいろいろ付いてたので、記録として。
とはいえ、実物載っけるのもあれなので、梱包を少々。

税付
割とでっかく張ってあったのに気がつかなかった。

郵便事業株式会社
なんかうざいテープ。

まあ、税金について無知なアタシがいかんのでしょうが、全部で3,600円は高いのか安いのか?
中身の方はもう少々お待ちを。(誰も待ってねーよ!)

sshd_config

  • 2010.10.17 Sunday
  • 17:43
自分のための覚え書き

JBするといろいろ初期化されるが、その中でもセキュリティ的に重要な部分。
mobileとrootのパスワード変更は当然だが、sshを導入するなら(自分としては)絶対必要な、rootでのアクセスとパスワード認証の禁止(鍵認証のみ)の設定。

/etc/ssh/sshd_config 設定ファイル
 デフォルト値がコメントとして記載されているので、#を取って修正。

 PermitRootLogin no ルートでのアクセス禁止(suで成り上がりましょう。)
 PasswordAuthentication no パスワードでの認証を禁止し、鍵認証のみとする。

/var/mobile/.ssh ディレクトリ。パーミッションは700

/var/mobile/.ssh/authorized_keys 公開鍵登録ファイル。パーミッションは600

 ※authorized_keysの注意事項
  鍵ファイル>>authorized_keys で追加していくのがいい。
  1鍵/行だが、メール送付した場合や作成したOSによって改行が正しくない場合があるので、viなどで必ず確認する。こういう時はMacであってもUnix改行(LF)がいい。

※セキュリティと利便性はなかなか相容れない...

SIMフリーiPhone4 - 赤SIMでYahoo!ケータイを -

  • 2010.10.17 Sunday
  • 16:03
せっかくうまくいった矢先にこんなの出るし...
iPhoneでケータイサイトにアクセスするためのブラウザソフトはいくつかあります。しかし、Yahoo!ケータイなどにアクセスするには専用のWAPを通さなければいけないため、ブラウザだけでどうなるものではありません。他にも契約者回線番号(電話番号)とか、ケータイ自体への仕込みのため国産ケータイではダメらしいとか。
結局、APNとブラウザのUser-Agentをうまく設定してやればいいかと。User-AgentはNokiaに。そもそもNokiaで使ってる赤SIMですし。

  1. iPhone 構成ユーティリティでAPNを設定したmobileconfigを作成。
     アクセスポイント名(APN) :mailwebservice.softbank.ne.jp
     アクセスポイント・ユーザ名 :softbank
     アクセスポイント・パスワード:qceffknarlurqgbl
     プロキシサーバとポート   :sbwapproxy.softbank.ne.jp:8080

    ※赤SIMなんだからVodafone設定のがいいかな?

  2. 作成したプロファイルをiPhoneに読み込ませる。
     プロファイルを先に読ませないと課金とか危険です。
     APNを複数設定する方法が分からないので、都度読み込ませです。

  3. SIMを赤SIMに切替。
     
  4. User-AgentをNokiaに設定したブラウザで、Yahoo!ケータイへアクセス。

Yahoo!ケータイブラウザはApp Storeで購入した「SBrowser」で、機種を804NKに設定してます。705NKの方がいいかな。


まあ、こんな感じです。黒SIMへ戻す時は、SIM切替 -> プロフィル削除と逆の手順を行います。
操作が面倒なところはありますが、とりあえず目的は達成。
MySoftbankで確認したところ、「パケットし放題」で計算されている模様。(前記事の通り、ここまでくるのにかなりの金額を...orz)

赤SIMでやりたかったのは、位置ナビ設定とか。ここら辺はまた別記事で。

APNと課金

  • 2010.10.16 Saturday
  • 11:30
や〜、大失敗。すごい金額になってます赤SIM。ヤバすぎて脳が現実を受け付けてません。orz
APN情報はどこにあるか?本体はもちろんですが、SIMにも入ってると思うんですけど間違い?
へんな出だしですが、どこからどう書いていいか分からん。
料金はあくまで契約によります。契約者回線番号、要はSIMによって契約が違う。電話機側はキャリアを見分けるだけだから、Softbankと認識すればそれに沿った行動をとる。iPhoneのAPNをiPhone料金プランでないSIMが利用すると、そう、パケット料金が高い上に青天井になる訳です。気がつくまでに時間が...orz
特に日本はキャリア内空間(?)と外(インターネット接続?)が分かれている。それに合わせて使うAPNが違うから、パケット〜の料金プランがいっぱいできる訳じゃんねぇ。
いい勉強にはなったが、スゴい授業料...orz

SIMフリーiPhone4 - 購入&3GSの黒SIMを使う -

  • 2010.10.14 Thursday
  • 22:06
たまにはブログを(後付けで書いてるけど...)しかもいろいろ修正。
仕事とか色々精神的にヤバくなっていて、白を待てずにまったく変なタイミングでiPhone4を購入してしまいました。ヘロヘロでダメダメ。
今回特別なのは、そう、購入です。機種変とか新規契約とかではありません。最近ハヤリ?な香港版SIMフリーってやつ。購入にあたって困ったのがmicroSIM。チキンなんで、iPhone3GSの黒SIMをカットする勇気がありません。厳密にはSIMは「貸与品」ですから。そこで見つけたのが「SIMカードアダプタ」なるもの。これは本来のスロットにmicroSIMを挿しつつ、1〜2枚の通常サイズのSIMを使えるようにするもの。全部で3枚使える「トリプルSIMカードアダプタ」を購入することにし、本体には話題?の日本通信のb-microSIMを使うことに。通信専用だと本人確認書類とか不要。店舗販売は半年or1年ですが、本家通販なら1ヶ月プランが購入可能。期間切れたってSIMはSIM。
 バラバラと注文して、バラバラと到着。本体は無問題、SIMアダプタは電脳中心物隊、b-microSIMは日本通信。本体が無問題なのは、在庫があったこと(これが問題)と、支払いにカードが使えたこと。買物隊は毎度のこと。そうそう、保護シートはパワサポを。

久々のブログなので以下書いてみますが、買物隊の商品ページ見た方がいいかと思います。

【取り付け】
SIMアダプタ_microSIMSIMスロットにフレキを載せ、microSIMを置く。フレキを挟む訳です。

SIMアダプタ_SB-SIM反対側にSIMを挿入。側面スロットになってます。黒SIMと赤SIM。

SIMアダプタ取り付けSIMスロットを本体に挿入。iPhoneの背面は見事に周りが映り込むので、無地のボール紙を映り込ませてます。

ともかくチキンなんで、ここまでガクブルで作業。で、フレキを折り返してSIMをiPhone背面に載せて付属のカバーを被せます。

ケース取り付け&オシャレカバーを被せたところ。メーカーロゴが気に入らないので、シールを貼ってます。ふくらんだところの内側にSIMがきてます。


【設定】

「設定」->「電話」->
設定-電話「SIMアプリケーション」を選択。


SIMアプリケーション「Switch Number」を選択。


Switch Number対象のSIMを選択します。最初はSIM1〜SIM3となっていますが、前画面の「Setup」から電話番号に書き換えできます。SIM1がmicroSIM、SIM2がmicroSIM寄りのSIM、SIM3が一番外側です。

「SIMカードが挿入されていません」のメッセージが出ますが、待てば認識されます。SIMを抜き差しした訳ですから。

黒SIMはSIM内にAP情報を持っているようで、特に設定しなくてもこれで接続されます。iPhone専用SIMならではの利点ってところでしょうか。日本通信(b−microSIM)は都度設定が必要。なんだかなあ。

これだけ書くのに大量の時間が...

またまた変なBluetoothネタ(Motorola D670)

  • 2010.02.24 Wednesday
  • 09:26
Apple Storeのページを見ていたら、MotorolaからD670というiPod用Bluetoothアダプタが出たのを知りました。よくあるDockコネクタに付けるヤツですが、iPhone対応となっているのが興味をひきました。
いろいろ妄想が膨らんだんですが、結局買ってみることに。(大バカ。)ヨドバシでの扱いはぞんざいで、ショーケースの奥にありましたよ。(この件はまた後で)
ぺったんこの箱には「Made for iPod」のシールのみ。説明書も1枚っぺらの紙だけでまあやる気ナシ?な感じ。対応プロファイルも書いてないだす。iPhoneに装着しても「ダメだおメッセージ」が出ないので、まあ対応ってことですかな。
ナニを妄想しかたと言えば、BTアダプタを使った再生制御。ムダに買いまくった在庫の中から同じMotorolaのS605を選択して実験。
Motorola S605&D670
D670をiPhoneに装着すればペアリングモードになるので、S605もペアリングモードにしてしばし待てば大丈夫。S605にはイヤホンを付けず、iPhoneに有線のイヤホン/ヘッドセットを接続します。この状態で音楽を再生すると、音はイヤホンから聞こえるけど、再生/停止と曲の送り/戻しがS605から操作できます。コツは先にアダプタ通しがペアリングした後にイヤホンを差し込むこと。iPod画面上にボリュームスライダーが表示されればオッケーです。BTに音まで持ってかれると、iPod画面上にはボリュームスライダーは表示されません。
とりあえす妄想通りにできました。よっしゃ〜!
なんでこんなことをしたかというと、BOSEのNCヘッドホンをiPhoneで使いたいから。別売のiPhone用ケーブルはマイクが付いてるだけで、着信ボタンどころか一つもスイッチ類がありません。なので、せめて一時停止や曲送りができればと思った訳ですよ。なんかBTアダプタ単品で操作してると変な感じです。

Bluetooth Profile Selector

  • 2009.10.07 Wednesday
  • 09:23
Bluetooth Profile SelectorというiPhoneのJB(脱獄)アプリが出ました。
これは、機器毎に使用するプロファイルを設定できるものです。何が嬉しい?という方が多いかもしれませんが、Bluetooth機器いっぱい持っていると結構便利です。プロファイル単位の選択はNokia携帯でも見た事が無く、Motorora M702iS(DoCoMo)で見た時はスゴいなあと思ったものです。
例えばオーディオヘッドセットでA2DPを使用停止にして、単なるヘッドセットとして使うことができます。ヘッドセット側の仕様にもよりますが、別のオーディオ機器とペアリングし、オーディオ機器側の音楽を聴いていて、電話がくるとヘッドセットして利用とかできます。実際、iPhoneがA2DPをサポートしていなかった時期にBluetoothアダプタを付けたiPhond nanoとiPhoneを併用していたことがあります。実際にMotorola S9ヘッドセットでiPod nanoとNike+で音楽を聴きながらウォーキングをしているときにiPhone側にかかってき電話に出たことがあります。
Jabra HALOの音量が余りに大きいのでイヤホン単子用のBluetoothアダプタをiPhoneに付けて音楽はそちらから飛ばし、通話はiPhone本体でするというマヌケな実験中です。

アドレスブック/連絡先で地図を見る(Mac,iPhone)

  • 2009.09.05 Saturday
  • 12:18
iPhoneの連絡先(Macではアドレスブック)にショップ等の情報を入れる際に地図も一緒入れたいなと思ってました。ショップ情報用のアプリを探すのがいいんでしょうが、それほど出歩く訳でもなし。というか、むしろ超出不精。あたしは結構狭い範囲(秋葉とか)で道に迷えるんですよ。
見たいのはGoogleな地図ではなく、ショップのサイトにのってるような簡単な道案内的地図。
なんとなく思ったのは、画像共有サイトに地図を置いて、アドレスブックにそのURLを登録すること。今更ながら、Dropboxにはファイルをリンクとして公開する機能があるのを認識。PublicフォルダのTop Secret.txtに方法が書いてあります。画像ファイルへのリンクをアドレスブックのURLへ登録すればOK。カスタムラベルで「地図」とかすれば分り易いかな。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM