Logicool M950購入

  • 2009.11.08 Sunday
  • 12:34
Logicoolのマウスで、MX Revolutionの後継と言われるM950を購入しました。今のところは慣れもをあるのでしょうが、MX-Rの方がいい感じ。
なんでM950を購入したかといえば、MX-Rのゴムの部分が粘ってきたんです。以前使っていたトラックボール(Cordless Optical TrackMan)もゴム部分が粘ってきて引退させました。ロジクールの上位機種?はゴムやつや消しパーツが多用されてますが、これが2年くらいすると粘ってくるんですよ。高い機種なのにこれって、どうなんでしょ?
M950でスゴいと思ったのは、機能というより電池。MX-Rと違い交換可能で、しかもエネループが一本まんま入ってました。わお!充電が専用スタンドでなく、マウス先端部のMicroUSB端子になったことには賛否あるようですが、私的にはMac miniとかMac Bookのマウス・キーボード用にエネループを大量ストックしているので、とってもオッケー。
Magic Mouseは未だです。だってiMac購入すれば付いてくるんでしょ?(買う気か自分?買うならCore i7だぞ。そしたら分不相応なMac Proを引退だ。orz)

WindowsXP起動/終了時のProwl

  • 2009.09.13 Sunday
  • 22:41
WindowsXPの起動/終了お知らせProwlですが、PerlスクリプトをVBSで呼び出すことにしました。時代はWSH、BATは過去?よく分んないや、基本マカーだし。(困ったらこれでごまかす。)

Dim WshShell

Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.Run "実行するPerlスクリプト", 2, True


Perlスクリプトの拡張子がPerl.exeに関連付けされていれば、スクリプト名のみでいいみたいですが、一応プログラム名とスクリプト名をフルパスで指定しました。2はウィンドウを最小化して実行。Trueは指定したプログラムの終了を待ちます。BATで試していたときは、Perlスクリプトの動作中にシャットダウン処理が進んでしまうみたいで終了通知がこなかったですが、VBSにして解決。

WindowsXP遠隔シャットダウン

  • 2009.09.11 Friday
  • 18:07
iPhnoeでWakeOnLanなソフトは結構あるですが、電源を落とすソフトがありません。まったく無い訳ではないですが、いずれにせよ、シャットダウン指令を受け取るソフトを常駐させる必要があります。
変わり種ではTwitterを使って制御するソフトもあるんですが、Twitterは最近混んでいて、常駐ソフトがつぶやきを拾いにいくとログオンエラーを起こすことがあるし、APIの心配も。
VNCとかRDT使ってシャットダウンってのもありますが、考え過ぎてまた迷走。
結局、WindowsXPにOpenSSHをしこんで、ターミナルソフトからshutdown.exeを使うことに。
Windows用のOpenSSHバイナリはバージョンが古いようなので、Cygwinとなりました。OpenSSHの他にprocpsとかvimをインストールしてGO!

いろんなページを参考にして設定しましたが、自分のためのメモ。

初期設定$ ssh-host-config -yからいきなり所有権でこけました。

以下で対応。
$ chmod -r /etc/passwd
$ chmod -r /etc/group
$ chmod +x /var


さらに $sshrunsrv -S sshで起動エラー
$ chown SYSTEM /var/empty

どうにか起動できたので、パスワード認証を禁止して鍵のみとしました。
iPhoneからの接続が目的なので、利用するiPhoneアプリTouchTerm SSHで鍵を作成。このアプリは鍵を複数管理できるので、サーバ毎に違う鍵を使うこともできます。公開鍵をメールできるようになっているので、送信->受信した本文を~/.ssh/authorized_keysへ登録。

さて、いざアクセスしてみたら、認証エラー。orz
パスワードで認証は大丈夫なのに。調べたら本家のFAQ。orz
$ chmod go-w $HOME $HOME/.ssh
$ chmod 600 $HOME/.ssh/authorized_keys


はい、無事アクセスできました。WIndowsマシンへログインしたら、shutdown -sを実行すればよし。さあ、起動/終了をProwlでお知らせするPerlスクリプトをちゃんとやろう。

かなり本末転倒というか迷走だけど、個人的には満足。やっぱunixノリがスキ。

Prowlって面白ス

  • 2009.09.11 Friday
  • 09:50
Growlと連携してPush通知を送ってくれるProwlですが、APIを利用すればGrowlを使わなくてもPushできます。いろんなページで手法が公開されいるので、ちょっと実験。
WakeOnLanで必要時だけ起動しているPCの起動/終了時に報告をさせようと。以前ならメールを出させてたところ。
Prowl本家にユーザ登録してSettingからAPI Keyを発行。なぜかActive Perlが入れてあったんで、

CPAN WebService::Prowl

でライブラリを導入。

ソースはこんな感じ?

use WebService::Prowl;

$apikey = "APIキー";

my $ws = WebService::Prowl->new(apikey => $apikey);
$ws->verify || die $ws->error();
$ws->add(
application => "何のアプリから",
event => "こんなイベントで",
description => "連絡だよ"
);

あたし的にはWindowsでは#!な書き方をしないで、PerlソースをBatでくるんで呼び出してます。後はBatファイルをポリシーエディタとかで起動/終了時に呼び出せばいいかな?(やりかけ)

Twitterはじめました

  • 2009.06.13 Saturday
  • 12:14
ぼけぼけな状態で朝からMacBookAirとiPhoneを弄っていたら、いつのまにかTwitterに登録してました。
iPhone用のクライアントっていっぱいあるんですねえ。

赤外線USBカメラ

  • 2009.05.29 Friday
  • 11:29
緊急地震速報用に購入したはずの中古EeePCは監視カメラ用になってました。(地震速報−>監視カメラ->今ヒマ。うあぁ、全然書いてねえ。)外廊下に面した窓を開けるときの監視用。エアコンの冷気が苦手で。
今はOrbマシンに接続してますが、赤外線USBカメラって需要はあんまりないんですかねえ。この前1,980円で買った錦糸町ヨドバシも在庫なくなってました。そもそも買うときに探すのが大変で。前から持っているのもあるんですが、ドライバ手に入るんかな。
以前、上海問屋で小型カメラサーバとUSBカメラを売ってたんですけど、今は微塵も影なし。これもドライバというか本家サイトを探してみようかな。そもそも上海問屋を知ったのはこれが最初か?

自分のブログに救われる?

  • 2009.05.29 Friday
  • 11:08
古いベアボン(SS51G V2)を現役復帰させたんですが、ディスク類が見当たらんので、メーカーHPからダウンロード大会。接続したこれまた古いディスプレイ(LCD-AD171F-T)のタッチパネルドライバがメーカーHPに掲載されてない。あせって検索したら、このブログがヒット。あれま。
メーカーHPでなくハード本家?へのリンクを載せてました。そこのドライバで無事動作。偉いぞ、自分。

OrbのTV番組表を作成(mc2xml)

  • 2009.05.29 Friday
  • 08:41
前述の通り、不安なOrbですが、せっかく買ったチューナーを使いたいので番組表の設定をしました。(ごめんね、mc2xml。)
mc2xmlは進化したようで、初起動時に設定画面が表示され、UTF-8使用の設定や国コード(jp)と郵便番号の入力ができます。対象がリスト表示されるので、選択すれば基本設定完了。再設定したければ、作成されたmc2xml.datとxmltv.xmlを削除して再実行。
mc2xml -U -f -o "C:¥Documents and Settings¥All Users¥ApplicationData¥OrbNetworks¥OrbTV¥data¥81¥listing.xml"
で番組表を書き出しますが、このままだとチャンネル番号の不一致や、映らない局までデータが生成されるので調整。詳しくは本家サイトを。
xmltv.xmlをエディタで覗くと前半部にチャンネルの情報があるので、そこで不一致局のチャンネル番号を確認。(チューナーでは2だけど番組表では50だとか。)mc2xmlと同じ位置にmc2xml.renというテキストファイルを作成し、50:2のように記述。チャンネンル単位に改行。表示したい局は、mc2xml.chlに設定。これもテキストファイルで、映したい局を1-5とか50とか改行しながら記述。チャンネル番号は、xmltv.xmlでのチャンネル番号です。
これで必要な局だけの番組表が生成され、チャンネル番号もピッタリ一致。

Orb大丈夫?

  • 2009.05.29 Friday
  • 07:48
Cobaltくんが亡くなり、Mac miniサーバ運用となりましたが、合わせて妄想が拡大していろいろしてます。古いべアボーンを復活させてOrbを動かしてます。TVも映してみたくなり、対応チューナーを探して購入(なんで見つかるかな?)。アナログもあと2年か...
一応、TVが見れるようにはなりましたが、番組表が表示されない。ググってみるといろいろ事情があるような。代替策としてmc2xmlというソフトを利用する方法が紹介されてますが、mc2xmlのサイトをみると、Orbは勝手にmc2xmlの名前を変えてOrbに埋め込んで使ってたと書いてあります。ONTVの番組表を勝手に使ってたらしいし、大丈夫なのかなあ?Orb。きちんと連携すればいいのに。

もうこんな時間

  • 2009.04.06 Monday
  • 01:37
あれま、また更新が...
ひかり電話導入でネットワーク環境を見直してます。どう考えてもおかしいものを構築してますが、止めがきかず。
以前ローカルにおいてた玄箱をグローバル側へ出そうとしたんですが、IPの設定がうまく変更できない。変えたつもりで元のまま。数時間悩んで思い出したのが、OpenVPNのブリッジ作成用シェルでIP設定してたこと。とりあえずIP設定しましたが、OpenVPN自体が不要になるじゃん。設定面倒なんで、とりあえず放置か?証明書方式だから大丈夫だよね?(追記:ルータ側でポート閉じればいいじゃん!ばかだ、あたし。)
そもそも最近玄箱事態ををいじってません。ああ、無気力症。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM